MENU

お金を借りる理由は、予期せぬ出費が原因

お金を借りる理由は、予期せぬ出費などが原因で現金が一時的に不足したためです。

 

借りたお金は公共料金の引き落としなど、
クレジットカードが使えず現金でしか支払えないもののために利用しました。

 

とくに危機感もなく気軽に利用していましたが、
そのうちにあまりにも手軽なので利用頻度が高くなっていき、
依存度が増してしまいそうだったので自らやめました。

 

それに合わせてクレジットカードにもなるべく頼らないようにしています。
カードで買い物をするとついつい欲望に負けてしまい、
予算をオーバーしてでも欲しいものを買ってしまいます。

 

その月々の返済などが少しづつかさみ、
結果的に現金不足という事態に発展するので、
キャッシングとクレジットカードがセットで必要になる状況が高い確率で起こります。

 

これを避けるためにも、キャッシングだけでなく、クレジットカードの利用も控えることが大切だと思います。

 

考えてみると、お金を借りることが悪いのではなく

 

意味のないお金の借り方が良くないのであって

 

計画的な返済計画があれば

 

生活に大きな潤滑油として活用できる便利なカードであることも分りました。

 

 

ですからキャッシングは、後先を考えた動機か確かめてから行ないましょう。

 

Aさんは、一時期よくキャッシングを利用していましたが、

 

その動機は月々の支払いの為という場合がほとんどでしたね。

 

まあこれはそれまでに色んな買い物をクレジットカードなどでしすぎたツケが回ってきたわけですが、

 

初めは何とかしようとしていても、

 

結局「キャッシングもできるしな」という考えがすぐに浮かんできて、

 

毎月利用するという悪循環を繰り返していましたね。

 

もちろんキャッシング自体は凄く便利で助かるサービスなのですが、

 

このような使い方をしていたので月日が経つにつれて返済額がドンドン増えていきました

 

。この時にはもうどうしたらいいか分からず本当に困りました。

 

まあ少しずつですが毎月返済していって何とか全額返済し終えたので良かったのですが

 

こんな風に困らない為にも、

 

しっかりと後先を考えた動機を持っているのか自分自身で確かめてから利用することが大切だと思いますね。