消費者金融 申し込み!消費者金融に申込をする際の注意点について

消費者金融を利用すると、
お金に困った時にピンチを切り抜けることが出来たり、
いつでも借り入れが出来るという安心感を持つことが出来ます。

 

メリットの多い消費者金融に申込しようと考えている方!
消費者金融に申込をする際の注意点についてとは?

店頭窓口で消費者金融申込

 

店頭窓口で申込をする場合は申込用紙に必要事項を記載し、
インターネットで申込をする場合は入力フォームに必要事項を入力するようになりますが、
その際には正しい情報をミスの無いように記載したり、
入力するという点が挙げられます。

 

申込用紙や入力フォームは、
消費者金融の審査のために重要です。
内容に嘘やミスがあった場合は借り入れが出来なくなったり、
審査が大幅に遅れる原因ともなりますので注意して下さい。

 

消費者金融の店頭窓口で消費者金融 申し込みをする場合は、
その場でスタッフに確認してもらうことが出来るので、
間違いがあればすぐに訂正することが出来ます。

 

自宅からネット消費者金融に消費者金融 申し込み
自宅でインターネットを利用して申込をする場合は、
入力内容のチェックをすべて自分で行う必要がありますので、
特に慎重に行うことが大切になります。

 

あとは、本人確認のための必要書類を、
デジカメや携帯カメラで撮影し、
メールやFAXなどで送信する際にも注意が必要です。

 

ポイントとしては
免許証や保険証などの必要書類が鮮明に写るように気を付けること、
送信する際には、メールアドレスやFAX番号を間違えないようにすること
などが挙げられます。
必要書類が不鮮明な場合やメールアドレスやFAX番号を間違えた場合は、
再送信が必要になりますので、
審査の遅れにつながります。

 

消費者金融に申込をする時には、
以上のような点に十分注意するようにして下さい。

 

消費者金融に誰でも申込できる?

消費者金融で申込をして審査が通れば、
キャッシングできるわけですが、
誰でも審査に通るわけではありません。

 

消費者金融各社には審査基準が設けられています。
その基準を満たしている方がキャッシングできるのですね・・・。

 

消費者金融各社が設けている審査基準とは?
一例として、新生銀行のレイクの審査基準を見てみましょう。

 

レイクは申込対象者を以下の通りとしています。

 

年齢:満20歳以上70歳以下で国内に居住している人
収入:安定した収入のある方(パート・アルバイト可)
原則65歳以上の高齢者も審査申請できます。

 

基本的に上の条件を満たしていれば申込可能です。
注目すべきは、
会社員でなくとも申込可、
つまり、パートやアルバイトでも毎月安定した収入があればキャッシング利用可能という点です。
結局のところ、消費者金融各社が重視しているのは、申込者の返済能力ということですね・・・。

 

申込者が安定した収入があれば、それだけ返済能力が高い、
言い換えるならば、会社の利益を十分に望めると判断できるのです。

 

消費者金融各社の審査基準の概要は、
だいたい同じものとなっています。

 

会社によっては年齢制限の幅が異なりますが
、ほとんどの会社は安定した定期収入を求めています。

 

借入融資が希望なら
現在の仕事はどのようなものでしょうか?
パート、アルバイト、派遣社員、自営業といった職種は大きな問題ではありません。
キーポイントは「安定した定期収入」です。
これまで毎月安定した収入の実績があるなら、立派な利用対象者です。

 

ですから、安定した収入があるならば積極的に申込をすることにしましょう。
申込から利用まで、たいていの消費者金融ではインターネット上で可能です。

 

つまり、誰にも会うことなく利用可能となっていますから、
安心して消費者金融で申込むことができます!

 

消費者金融に申込する時に絶対気を付けなければならないこと

手軽にスピーディに現金を借りられる方法として、消費者金融でのキャッシング!
幅広い年齢層の方から利用されている統計も出ています。
申込をするときに気を付けなければならないことを簡単に紹介!

 

消費者金融で申込する時に絶対気を付けなければならないこと、
それは・・・
【短期間で複数の業者で申込むことを避ける】
という点です
。目ぼしい業者で複数申し込めば、
どこかでは借りられるだろうと考えるのは非常に危険です!
さもないと、あなたは申込ブラックになる可能性があるのです。

 

申込ブラックとは、複数の消費者金融で申込を行ない、
信用情報機関の信用情報に記録されることを指しています。

 

複数の金融業者で申込をした時に必ず審査が行われるわけですが、
審査時に各社は信用情報機関に照会を行います。

 

その時に、短期間内に複数の業者で申込がなされていることがわかると、
審査が通らない可能性があるのです。
なぜ審査が通らなくなるかというと、
消費者金融各社は「この申込人は多重債務になるかも・・・」とか
「他の業者で審査が通らなかったには理由があるに違いない」と疑ってかかります。

 

あなたには十二分に返済能力があるにも関わらず、
一旦返済能力に疑問符が付くと、
当然貸付は行われません。

 

審査は通らず、期待していた現金融資を受けられなくなってしまうのです。
ですから、短期間内に複数の消費者金融に申込むことは絶対避けましょう。

 

目ぼしい業者があったら、
先ずは1社で申込み審査結果を待ちます。

 

もし審査が通らなかったなら、約3か月〜半年おいて新たに申込むのが最善かもしれません。
また、複数の借入は3社以内にしておくのがベストです。
すでに3社でキャッシングを行なっているなら、
新たに申込むのは避けた方が良いでしょう。
申込ブラックにならないように、上手に消費者金融に申込を行ないましょう。