消費者金融 金利

消費者金融 金利

 

キャッシングの年率について
キャッシングには必ず年率があります。

 

今は最高でも18%〜20%の年率となっています。

 

年率とは何かといえば1年で借りた額に対して何%の利息がかかるかということです。

 

例えば年率18%で10万円キャッシングすると
年に18000円の利息がかかります。
それを12が月で割って1か月の利息は1500円になります。

 

月々の返済が1万円だとすれば、
10万円を借りたとすれば最初の返済は11500円になるのです。

 

そして翌月は残金90000円に対しての利息がかかり
90000(残金)×0.18÷12(月数)=1350円
が支払い額になります。

 

そうしてまたその残金に上記の計算にて支払い換算していきます。

 

利息の年率はキャッシングにおいて一番重要視しなければならないことといえますね・・・。

 

ATM手数料

ATM手数料を徴収しないキャッシングを利用しよう
消費者金融業界には様々なキャッシング業者が存在しています。

 

利用する会社を決める大切な一つの条件、
ATM手数料を徴収しないキャッシング消費者者金融

 

ATMを利用して現金を引き出したり返済を行なうわけですが、
利用する度に手数料がかかっていたのでは往復で最低210円かかることになります。
10万円を金利18.0%で借りた時、
1日当たりの利息は49.3円ですから、
約4日分の利息がかかる計算になります。何とももったいないですよね。

 

繰り上げ返済をすれば利息が減額になりますが、
ATM手数料の大きさにがっかり・・・
というのは是が非でも避けたいところ。

 

そんなためにできることは
、業者選択の時点でATM手数料を徴収しない業者を選ぶことがポイントとなります。

 

また、可能であれば銀行振込による借入も振込手数料がかからない業者なら、
さらにお得になります。

 

ATM手数料、銀行振込手数料。
この2つに関して、各業者を比較してみましょう。
手数料を徴収する業者とそうでない業者に振り分け、
手数料のかからない業者を利用することで、
さらにお得なキャッシングか可能になりますから早速実践してみましょう。

 

借りることだけを考えずに
、無駄な手数料を徴収されない方法を事前に考えておきましょう!